11/02/2018

真珠院・願成就院・北条政子産湯の井戸・成福寺・蛭ケ島公園


2018.7.8

伊豆へ配流となった源頼朝を監視する立場の伊東祐親が大番役で在京中だった間に、あろうことか娘の八重姫が源頼朝と結ばれ、すでに3歳の千鶴丸を授かっていた。
平家に知られることを恐れた伊東祐親は、千鶴丸の腰に石を巻きつけ川に沈めてしまい、源頼朝との仲を裂かれた八重姫は、真珠ヶ淵に身を投げ命を絶ったという。

その八重姫入水の地近くに真珠院が建立された。現在は古川という狩野川の支流が流れている程度で、当時の状況を思い浮かべるのは難しい。

山門。


山門を入って右手が八重姫を祀る御堂(静堂)。



伊東氏といえば、織豊期に島津氏と日向の覇権を争った伊東義祐が思い浮かぶ。その興りは、工藤祐経の子 伊東祐時が日向地頭職を与えられ下向したことによるもので、元をたどれば伊東祐親も工藤氏のいち支族。


真珠院からは旧下田街道を北上し、成福寺までの守山中世史跡群を巡ることにしている。
次の願成就院は、1189年に北条時政が源頼朝の奥州藤原氏討伐の戦勝を祈願して創建された寺院。



その後も2代執権 北条義時、3代の北条泰時にわたり繁栄をきわめ、南新御堂や北条御堂、北塔など次々に堂塔が建立された。この様子は大御堂のジオラマで規模を知ることができ、興味深かったのだが写真はNGとのこと。

大御堂には運慶作の阿弥陀如来坐蔵、毘沙門天像、不動明王像が安置される。



奥の宝物館を見学し、預けていた朱印帳を回収。全3種類。



北条時政の墓は風化が進んでいて、それを囲む新たに設けられた囲垣には違和感を覚えた。




次は程近い北条政子産湯の井戸へ。



平成10年の発掘調査で、北条氏邸内に井戸があったことがわかっていて、この産湯の井戸と伝わる旧跡は江戸時代以降のものだという。よって信憑性は低い。
ここは守山の麓にあった北条氏邸の東に位置し、狩野川の方に向かえば最初に見つけた北条氏邸跡に辿り着く。


産湯の井戸の向かいには堀越御所跡があるが、現在は何もない原っぱ。
堀越御所は北条氏の時代より下り、室町幕府8代足利義政の義兄 足利政知が関東を治めるために開いた政庁兼館だったところ。


さらに100mほど北上し、北条氏菩提寺の成福寺へ。

鎌倉幕府8代 北条時宗の第3子 北条正宗が1289年に北条氏発祥の当地に開基したといわれている。そして北条正宗の長子 北条宗仁がこれを修造して成福寺とした。以降、代々住職を受け継ぎ、現在は21代目になるそうだ。

北条正宗の墓(右)、北条時宗の墓(左)。



本堂北側の北条氏歴代墓所。




ここまで来ると韮山駅の方が近いのだが、自転車を返さないといけないので伊豆長岡駅へ戻る。そして電車で隣りの韮山駅へ移動、蛭ケ島公園に向かう。

本音としては韮山城跡に行きたいところだが、日没が近いのと今回の趣旨としては、源頼朝配流の地の方が妥当だろう。

源頼朝は1160年にここに流されて、14歳から約20年間の流人生活をおくった。



蛭ケ島公園一帯は、かつて狩野川の氾濫によってできた中州の一つで、湿田に囲まれた島状の地形だったというが、整備されている現在の様子からは想像し難い。

蛭ケ島の夫婦。



韮山駅に戻り、宿泊する修善寺へ移動。
南口1番バス乗り場から修善寺温泉行きに乗車。旅館にチェックインして夕食まで時間があるので翌日の下見に出掛けた。


竹林の小径。



門が閉ざされた修禅寺。



逸る気持ちを抑え、詳しくは翌日まわることにする。

10/29/2018

あやめ御前広場・弥勒堂・西琳寺


2018.7.8

最明寺口から自転車で源氏山公園山頂までは行けないようなので、伊豆長岡温泉口に回り西琳寺口へ抜けるルートを取ることにした。

この日は源氏あやめ祭が行われていて、出店が並び賑わっている。いづみ荘を曲がると、あやめ御前広場の看板が目についた。ここで供養祭が行われたようだが、13時を回っていたこの頃には跡形もなく無人状態。

広場正面には昭和初期に彫られたというあやめ御前の石仏。



あやめ御前は、絶世の美女の容姿が長じて都に上り鳥羽上皇に仕え、やがて源頼政の妻となる。源頼政が亡くなると、伊豆長岡の古奈に戻り夫の菩提を弔いながら日々を過ごし、89歳でその生涯を閉じた。(説明板より抜粋)

このまま山頂まで行けるようだが、車道へ自転車を置いてきたので戻る。しかし車両も十分通れる道幅で整備されてはいるが、勾配はかなりキツい。



しかも山頂広場の直前でカラーコーンで通行止め。結局のところ、工事中で通れないらしい。手前の階段を自転車を降りて下るしかない。



しばらく行くと弥勒堂があった。



説明板によると、あやめ御前は源頼政が平家討伐の戦いに敗れた後は郷里に逃れ、この弥勒堂の下に草庵を結び亡夫の菩提を弔う日々を送ったとある。弥勒堂には、弘法大師が自然石に弥勒菩薩の尊像を彫って安置したと伝えられ、あやめ御前も深く信仰したという。


麓の西琳寺山門から弥勒堂までは弥勒菩薩参道として整備されている。



現在の本堂は明治初年に完成したもの。



その西琳寺境内にはあやめ御前供養塔がある。



西琳寺口を抜け狩野川を渡り、次は真珠院へ向かう。

10/15/2018

北条氏邸跡(円成寺跡)・北条寺・天野遠景の墓・最明寺


2018.7.8

品川駅から特急踊り子で2時間弱、伊豆長岡駅で下車。



まずは観光案内所で情報収集。レンタサイクルの方が循環バスより効率が良さそうなので利用することにした。
しかし営業時間が10時~16時までらしく、15時半には返却してほしいとのこと。現在11時、意外と時間がなさそうなので、見所がまとまった守山中世史跡群を後回しにして、ちょっと離れた北条寺から行くことにした。

途中、狩野川沿いに北条氏邸跡(円成寺跡)と刻まれた標石を発見したが、当時の遺構的なのは見当たらない。



かつての鎌倉幕府執権の北条氏の館跡で発掘調査の結果、建物跡や井戸、堀の存在が明らかになっていて、中国製の陶磁器の欠片などが出土したとか。

後の1333年鎌倉幕府が滅びると、8代執権北条貞時の妻 覚海円成が遺された北条氏の子女の救済と、戦いで亡くなった人々の菩提を弔うために円成寺を館内に建立した。



さらに狩野川を北上し松原橋を渡り、北条義時が創建した巨徳山北条寺へ。



山門を入って左側の小四郎山に北条義時夫婦の墓がある。右が北条義時、左は後妻 佐伯氏娘の墓。




北条寺を出てあやめ橋を渡ると伊豆長岡温泉街。さらに進み天明山東昌寺に向かった。

東昌寺には天野遠景の位牌が安置されているという。
天野遠景は、1180年に源頼朝が挙兵し伊豆から相模へ付き従った武士のなかに名があり、また何より後の1203年、北条時政の屋敷で起こった比企氏の変(比企能員暗殺)にも関与した人物。



東昌寺は、現在地より300m南方の「薬師の段」と呼ばれる高台に天野遠景が薬師堂を建立し、薬師腹蘢を安置したのを始まりとする。

現在の薬師の段には3基が墓が並び、左から政景、遠景、光家のものだと伝えられている。
東昌寺から天野八幡神社を過ぎて民家の路地を行くとあるのだが、場所がかなりわかりづらかった。




伊豆長岡温泉街の方に戻り、順天堂静岡病院向かいの最明寺。源氏山公園の最明寺口として、ここから山頂まで通じているようだ。



本堂横に標石があり、門を潜ると石段の先に鎌倉幕府5代執権 北条時頼の墓がある。

北鎌倉の明月院にも、北条時頼の墓と伝わる宝篋印塔と廟所があるんだとか。


8/31/2018

諏訪山吉祥寺・東叡山津梁院


2018.5.21

南北線本駒込駅から徒歩5分の諏訪山吉祥寺。



山門から参道を進み右手に経蔵、左手に二宮尊徳の墓碑まで進む。左の墓地エリアに入ると、大火の影響か?黒ずんだ巨大な五輪塔の諸大名墓地が異彩を放っていた。
その一画に、島津久敏と町田久幸のお墓が2基並んである。

両氏とも台石が崩壊寸前で状態はかなり悪く、町田久幸の宝篋印塔に至っては相輪が落ちてしまっていた。

おそらくこっちは背面側なのだろうが、島津久敏の墓は木が生い茂っていて正面から撮るのは無理がある。

島津久敏の墓(背面)。



基礎に「薩州住 島津氏」と彫られた島津久敏の墓。戒名は節心良忠大居士。



島津久敏は、垂水島津家当主 島津彰久と島津氏第16代当主 島津義久の次女 新城との間に生まれた島津忠仍を父とする。
島津義久には男子はなく、島津忠仍は島津本宗家の家督相続候補で、血統的に優位でありながら第18代当主に就いたのは島津忠恒だった。

家督を争った2人の遺恨は、島津忠仍改め久信(信久とも)の子 島津久敏にまで及んだ。
島津久敏は江戸に滞在中、23歳の若さで早世しこの吉祥寺に葬られた。
そして垂水島津家は島津家久(忠恒)の息子 島津忠紀が養子に入り相続、父の島津忠仍は1637年に毒殺されている。

町田久幸の墓(正面)。



こちらは「薩州住人 町田氏」と彫られている。戒名は江山隣月庵主。


 
町田氏は、島津本宗家2代 島津忠時の孫にあたる島津忠経が分家したことに始まる。
その興りは島津本宗家5代 島津貞久の代で派生した新納氏、樺山氏や北郷氏よりも古く、代々島津家の家老職を務めた三大権門のひとつに数えられる。

その町田久幸が活躍したのは戦国末期から江戸初期。1587年、島津義久は九州征伐に降伏し、川内泰平寺で豊臣秀吉に面謁した。その際また後の上京の時にも、町田家18代当主 町田久倍を供にしているが、庶子の町田忠綱、次男 町田久幸を引き連れ島津義久の供奉に加えた。

町田久倍の後を継ぎ、当主になっていた町田忠綱だったが朝鮮の役で病死。本来なら当主になるはずのない町田久幸が家督を相続し、後年には島津家久(忠恒)の家老となり職務を全うした。


1599年、島津忠恒が筆頭家老 伊集院忠棟を誅殺した事件があり、子の伊集院忠真は国元で反乱を起こす。この庄内の乱を鎮圧すべく町田久幸は、大口衆を率いて島津忠恒に追従、山田城攻めに参加しそれを落とした。これは墓石の基礎に彫られた碑文からも読み取ることができる。

町田家20代当主にあった町田久幸は、妻を先に亡くし島津忠長の娘と再婚した。関ヶ原の戦いで戦死した島津豊久の室だった人物だが、子の無い町田久幸がすでに30代半ばを後妻に迎えた意図するものがわからない。
結局、町田久幸は子宝に恵まれず、1624年に江戸の島津藩邸桜田屋敷で亡くなり、島津家久の6男 島津忠尚が養子に入り家督を継いだ。

同年に島津久敏も亡くなっていて、藩主 島津家久の子がそれぞれ家督を継いでいるのは、偶然ではなく策略的で乗っ取りと捉えられるのが定説か。



2018.6.17

町田家の末裔である町田久成のお墓が、上野の東叡山津梁院にあるので行ってきた。



戒名は一乗比丘久成で、笠付塔婆形という変わった墓石の形が手掛かり。敷地も広くないので見つけるのは容易かった。



町田久成は国立博物館初代館長として有名だが、薩英戦争では東郷平八郎を従え、本陣警護隊長を務めたという人物。
地元の永福寺には、生誕の地との看板が掲げてあり、町田家歴代当主の墓がある。

8/13/2018

畠山重保邸跡・和田塚・寿福寺・源氏山公園


2018.5.3

新宿から湘南新宿ライン横須賀線直通逗子行きで約1時間。

JR鎌倉駅東口を出て、若宮大路を右に徒歩10分。由比ヶ浜方面に歩くと、一の鳥居横に畠山重保邸跡の碑とその墓だと伝わる宝篋印塔がある。



1203年に比企一族を滅ぼし、実権を握った北条時政。その継室 牧ノ方の娘婿である平賀朝雅が中心となり、畠山一族が次なる有力御家人排斥に定められた。

1204年、源実朝の正室として公卿の坊門 信清の娘 信子を迎えるため、北条政範らと京都へ赴いた畠山重保。その時、平賀朝雅となんらかの理由で口論となった。
もともと武蔵国司の平賀朝雅と武蔵国の武将 畠山氏との間で対立があったと推測されているが、これを発端に平賀朝雅と牧ノ方は、根も葉もない畠山氏の謀反を北条時政に讒言した。北条義時の反対もあったが、畠山父子は共に討たれることになる。


1205年、鎌倉で謀反者が誅殺されるとの騒ぎがあり、畠山重保は従者3人と由比ヶ浜に向かった。これは記述の謀略によるもので、すでに待ち構えていた三浦義村の郎党に畠山重保は誅殺された。

ちなみに、邸跡の碑文には「実朝の命を以て兵を遣して重保の邸を囲む 重保奮闘之に死す」とある。



一方、鎌倉に異変ありの報を受け、鎌倉に向かっていた父の畠山重忠は、武蔵国の二俣川で北条義時によって討たれた。


ここから江ノ島電鉄 和田塚駅に向かって歩くと、1213年の和田合戦で滅びた和田一族の塚がある。



和田合戦から若干時系を戻す。
泉親衡は源頼家の遺児 千寿丸を擁し、北条氏の討伐を企てた。しかし計画が事前に露見、これに加わっていた和田義盛の子 義直、義重そして甥の胤長らが捕縛される。
和田胤長は陸奥国へ流罪となり、屋敷は没収。和田義盛は将軍 源実朝に乞い、屋敷を同族に下げ渡すことを認めてもらうが、北条義時は屋敷に置かれていた代官を追い出してしまう。
度重なる北条義時からの挑発を受け、和田義盛は挙兵を決断し和田合戦へと進展していった。

鎌倉幕府第3代将軍 源実朝は、若狭忠季(若狭島津氏の祖で、島津忠久の弟といわれる)を遣いとして、和田義盛に蜂起を中止にするように説得したが、聞き入れられず和田勢は大倉御所、北条義時邸、大江広元邸を襲撃。
同族の三浦義村が裏切って挙兵を洩らしていたこともあり、次第に劣勢となり由比ヶ浜に退いた和田義盛は、和田義直共々討ち取られた。

1203年に比企能員の変に縁座した疑いで、薩隅日守護職・地頭職を収公されていた島津忠久は、北条氏に加担し武功を挙げ、10年ぶりに薩摩国地頭職を還補された戦さでもある。(薩摩国守護職は1205年に還任。)


次は、和田塚から六地蔵尊を通って鎌倉駅方面に戻り、寿福寺、源氏山公園を目指す。

もとは源義朝の館だったといわれる地に、北条政子が1200年、明庵栄西禅師を開山に招いて建立られた寿福寺。



寿福寺裏の墓地に源実朝と北条政子の墓がある。中世の横穴墳墓で、やぐらの中に五輪塔が納まっている。



源実朝の墓。鶴岡八幡宮で右大臣拝賀の式典を終えた後、大銀杏の陰に身を潜めていた甥の公暁(頼家の遺児)に襲われ命を落とした。




海蔵寺に参拝して源氏山公園に向かう。その途中の化粧坂は鎌倉七口といわれた鎌倉への陸路の一つ。




化粧坂を上がって左に行くと、源頼朝像がある広場に出る。

後三年の役で、源義家(八幡太郎)が源氏の象徴 白旗を立て、山頂で戦勝を祈願したことから源氏山と呼ばれるようになった。源頼朝も平家追討の際、戦勝を祈願したという。

源頼朝像。



 

源氏山公園から銭洗弁財天 宇賀福神社方面に下る。
参拝を終え、すぐ裏手にあるgulaというカフェで一服することにした。わらび餅セットを注文。ミニチーズケーキはサービスかもしれないけどこれで300円。



左が宇賀福神社の御朱印。右は海蔵寺。

 

8/04/2018

宗悟寺・比企能員館跡・串引沼


2018.4.29

池袋で東武東上線準急に乗り換え、1時間ちょいで東松山駅に到着した。東松山市はウォーキングトレイルとして、名所や史跡を廻るいくつものコースを整備している。
その中の一つ、比企一族の伝承がある大谷の地を訪ねる。まず駅の観光案内所で宗悟寺までの行き方を聞いたのだが、日曜は循環バスの運行を行っていないらしい。結局のところ、国際十王バスの藤山で降りて30分ぐらい歩くしかない。

まず最初の目的地、比企総合研究センターを目指す。東口から徒歩8分くらい。
比企氏にまつわる催し物の主催や本の刊行を手掛け、常設の展示もしているらしい。ちなみに比企総合研究センターは、島津宗家第32代当主 島津修久さんが名誉顧問を務めている。

ところが着いてみると、開店時間を過ぎているのに開いていない。ホームページでは営業日になっていたんたけど。



仕方ないので、本町2丁目から熊谷駅ゆきのバスに乗車し宗悟寺に向かう。15分ぐらいで最寄りの藤山に到着。

バスから降りると目の前に大谷の伝説コースと書かれた標柱があり、その細い道を進むと県道307号線に出る。ひらすら県道を進み、扇谷山宗悟寺へと通じる参道を見つけた。

山門。



後世、大谷村の領主となった旗本森川氏は、1592年に寿昌寺を現在の地に移して再興、扇谷山宗悟寺と改めて以降は森川氏の菩提寺となった。

2代将軍 源頼家の位牌が伝わり、前もって連絡しておけば見せてもらえたらしい。


本堂。



本堂左側には比企一族顕彰碑。



比企能員の娘 若狭局は、伊豆の修善寺で暗殺された夫である源頼家の遺骨を抱え、故郷の比企郡大谷へ逃れた。そして比丘尼山に源頼家の供養のため、大谷山寿昌寺を建立したといわれている。
しかし吾妻鏡は比企能員の変で、若狭局然り比企一族は滅亡したとし、愚管抄に於いては一幡と逃げ延びたが、北条義時の郎党に捕らえられ殺されたという。
いづれにせよ、源頼家が暗殺された1204年より前の1203年の出来事で、若狭局は源頼家より早く亡くなっている。よって若狭局がここに源頼家の遺骨を抱えて逃れたこと自体があり得なくなってしまう。


顕彰碑の奥は墓地になっていて、森川氏累代の墓に目を引かれる。






宗悟寺から東方面に戻り、比企能員の館があったと伝承がある城ケ谷へ。
大雷神社に通じる参道石橋を横目に、まずは手掛かりとなる沼を探す。



しかし沼すら見つけられず、地元の方に館跡を聞いてみたのだがわからないという。でも沼の場所はわかるそうなので教えていただいた。

民家に迷い込んでややこしくなってしまったが、県道307号線の東村山ぼたん園交差点を右に入ると、沼へと通じる道になっていたことがわかる。

比企能員の館跡はこの辺りだったのだろうか。




ここから比企尼山コースに従って比丘尼山へ。

比企尼は、夫の比企遠宗が平治の乱で負った傷がもとで没すると、比企禅尼となりここに草庵を営んだという。これが比丘尼山の由来になっている。

解説板横の獣道を行くと、7世紀のものといわれる横穴墓が現存。



比丘尼山をぐるりと回りこみ、荒神社と庚申塔を過ぎると、左手にゴルフ場が見えてくる。その一部と思われる池が串引沼。

源頼家の想いを断ち切るよう比企禅尼に勧められ、若狭局が肌身離さず持っていた形見である鎌倉彫りの櫛を沼に投げ入れた。そういう若狭局の悲話が伝わる。



そもそも800年以上前のことだが、現在その沼は池にしか見えない。説明板、串引沼改修碑の位置から勝手に逆のこっちだと思っていたんだが。



串引沼からくねくね坂道をアップダウン、大雷神社参道を下り県道307号線へ出て藤山のバス停に到着。徒歩約3時間半かけてのコース巡りとなった。