1/22/2017

徳重神社・一宇治城跡


2016.12.29

今日は伊集院から永吉方面へ。
まずは、JR伊集院駅前の島津義弘公像。初見ではないけど、改めてその武勇かつ勇敢さに圧倒される。



小学生の時、徳重神社まで歩いて行き参拝する「妙円寺詣り」という行事があった。道中では妙円寺詣りの歌を歌ったり、昼食はおにぎりのみ持参という徹底ぶり。

これは、関ヶ原の合戦で西軍敗北後の敵中突破「島津の退き口」が有名だが、その奇跡的ともいえる生還を記念し、苦闘、苦難を偲ぶ行事として受け継がれてきたもの。



義弘公を祭神として建立された徳重神社。




本殿横の殉死者13名の地蔵塔。




菩提寺である妙円寺は、徳重神社から道路を渡り、ちょっと入り組んだ所にあった。島津瓦がイカしてる。





ここから車で10分ぐらいのところにある一宇治城は、神明城、伊作城、中之城、釣瓶城、南之城等々、いくつもの曲輪から成る城郭。現在は城山公園(じょうやま)として整備されている。



島津貴久当主の時代、伊作城からこの一宇治城へ拠城を移し、まずは薩摩平定そして三州奪回を目指した。
主郭だった神明城跡に、貴久がフランシスコ・ザビエルとの対面を記念した石碑が建っている。



そのほか、模擬物見櫓(展望台)や井戸跡もあったけど、特に心惹かれるものもなく、この山城の規模を体感できたってぐらいしか正直感想がない。



舗装された道、遊具があるのもよく意味がわからなかった。城山公園っていうぐらいだから当然か。

No comments:

Post a Comment