5/28/2018

心岳寺跡・越前(重富)島津家墓地


2018.4.7

国道10号線を北上すると、左側に赤い旗が目印の心岳寺跡(平松神社)がある。
通り過ぎたすぐ先に車が2、3台停めれる路肩に駐車。
これを見逃すと、中央分離帯で仕切られいるので、Uターンはもちろん、南下するルートでもたどり着けないので注意。

心岳寺は、島津歳久が最期を迎えた場所であり、菩提を弔うために島津義久が1599年に建立したお寺。
廃仏毀釈で廃寺になり、現在は平松神社が建立されている。



JR日豊線沿いの鳥居をくぐり、石段を上がると社殿がある。



1587年、当主 義久が九州征伐で豊臣政権に降伏した一方、歳久は居城の虎居城に立てこもり抗戦を示し、豊臣秀吉が帰路の際、虎居城への宿泊の要請を拒否した。さらに秀吉の暗殺を画策し、家臣に秀吉の駕籠へ矢を射させている。

1592年の朝鮮出兵(文禄の役)には、中風を患い出陣できずにいたが、梅北国兼が朝鮮出兵の不満から起こした梅北一揆に、歳久の家臣が多く加担していた。
秀吉の怒りは収拾がつかなくなり、義久に歳久追討命令を出す。義久は歳久を宮之城から鹿児島へ呼び、秀吉に従い命令を下した。歳久は、宮之城での自害を決意して夜舟で脱す。しかし追手の町田久倍、伊集院久治らに退路を阻まれ、逃れられない歳久は竜ヶ水に上陸し、原田甚次の介錯により自刃した。
追手といっても形ばかりで、歳久に誰も手を出せなかったという。義久の弟とはいえ、それだけ慕われていた証しだろう。

また、彼レベルにしては残された武功が少なく感じるのも事実。後に天下を取る秀吉の反逆者として、その功績が消された可能性も高い。


歳久の御墓はこの終焉の地、平松神社社殿裏手にある。囲垣が崩壊寸前...。



横には殉死した27名他の墓石が並ぶ。




次はさらに北上し、いよいよ3度目のリベンジ、岩剣城跡の登頂を目指す。しかし、天候の不安が的中、結構な雨。とりあえず車の中で食事をとり、越前(重富)島津家の墓地を先に廻ることにした。その間に雨もあがる。

この墓地には、再興後16代から23代までの当主とその家族が葬られている。
もとは越前島津家の菩提寺である紹隆寺が建立されていたが、廃仏毀釈によって破壊され墓地のみが残った。



越前島津家は、島津忠久の次男 忠綱を祖とする。忠久は薩隅日三州のほかに越前国(現在の福井県)守護職も兼ねていて、忠綱がその守護代として赴任したことにより、越前島津家は創まった。
越前島津家2代 忠行から所領を播磨国に移し、それ以降、15代 忠長まで続いていたが、1534年に起こった朝日山の戦いで忠長が戦死し、越前島津家は途絶えた。

それから約200年後の1737年、島津本宗家22代 島津継豊の弟 忠紀によって越前島津家は再興される。越前国の故地、重富の地名をここに移して、重富郷を置いたことにより重富島津家といわれるようになった。

また説明板の系図を見ると、島津忠教(後の久光)と子の忠鑑(珍彦)の名が。気になって調べてみたところ、忠教は島津忠公の娘と婚姻し、婿養子に入り家督を継いだんだとか。

越前島津家が再興されると、平松館が再建され越前島津家の居館となっている。平松館は、岩剣城があまりにも不便で、当時の城主 島津義弘が麓に築いた館だったとこ。忠教も当時は鶴丸城から移り住んだという。


越前島津家を再興した16代 島津忠紀の御墓。

 

No comments:

Post a Comment